子育て

【こどもの歯】赤ちゃんの歯みがき、いつから?方法は?

うちの子は現在2歳2か月です。

歯が生え始めるのが早く、
生後6か月で上2本、8か月頃には上下2本ずつ生えていました。

当時、歯科衛生士による、歯磨きの講話を聞いたのをきっかけに
歯のケアを開始しました。

小児歯科で聞いた話や実際のケアをご紹介します。

歯科衛生士の話

上の前歯2本が生えたら歯ブラシを使う

歯が生える順番に、だいたいの傾向があります。

上の前歯2本→下の前歯2本→上下前歯の横→上下奥歯

最初に生える歯が上の前歯とも限らないので、あくまで目安です。

上の前歯2本が完全に生えたら、
歯ブラシをあてる感覚に慣れさせるために、
朝・晩の2回、
歯に歯ブラシを当てて、こちょこちょこちょばす感じで磨きます。

歯ぐきに、歯ブラシの毛が当たるのは、
赤ちゃんにとって、痛い&違和感があるそうで、
強く当てずに、少しずつやさしく当てるのがよいです。

早いうちから歯ブラシを当てておくことで、
自然と歯ブラシへの抵抗を弱める効果があるそうです。

たこやきねこ

うちの子も、生後6か月頃に歯ブラシを当てるようにしました。

その後、本格的に歯磨きを開始する頃(生後10か月頃)には、
スムーズに口に入れられていました。
(いつもの棒でしょ?みたいな)

また、前歯が2本生えるまでの、歯が生え始めている時期は、
ガーゼでキュッとふきとる程度でよい、とのことでした。

こうすることで、歯にさわられることに抵抗がなくなるのだとか。

上の前歯2本、下の前歯2本が生えたら、歯磨き粉を使う

まず、歯ブラシは水で濡らさなくてよいとのことでした。

理由は、歯磨き粉が歯ブラシの毛先からすべり落ちてしまうからです。
歯磨き粉を歯につけて磨きたいので、毛先からすべり落ちてしまうと、
歯につけられなくなります。
この習慣は、日本人独特のようです。

次に、歯磨き粉は、歯ブラシの毛先にのっけて、
指でぎゅっと、毛の間に押し込みます。

のっけただけだと、
口の中でぽろっと落ちて、歯にいきわたらなくなりますので、
毛の間になじませます。

たこやきねこ

歯磨き粉の、正しい使い方がわかったところで、
生後8か月頃、実際にうちの子に試してみました。

歯磨き粉は、バナナフレーバーのものを使っていましたので、
嫌がることもなく受け入れてくれました♪

奥歯が生えたら歯医者でフッ素を塗る

まずここで、歯医者にはいつから通うの?という疑問が出ます。

次の項目でご説明します。

小児歯科で定期健診

小児歯科にはいつから通う?

いつから、という明確な決まりは無いそうで、各歯科の方針によります。
以下の手順で、検討をオススメします。

  • 通える範囲にある歯科で、「小児歯科」と明確にうたっているところを探す
  • 無ければ、普通の歯科に問い合わせて、赤ちゃんの歯を診てもらえるかどうか、を確認する
  • 定期的に健診してもらう

うちのケース

初めて診てもらったのは、生後11か月頃
奥歯が生えた頃です。

家の近くの普通の歯科で、
赤ちゃんの歯も診てもらえましたが、

そこは、基本的には、何か痛みなどがあってから処置をする方針のようで、
定期健診はあまり快く受けてくれませんでした。

その後、比較的、家の近辺にある小児歯科2件に電話して確認しましたが、
どちらも、治療タイプの方針で、
何でもないときの健診は進んでは扱っていませんでした。

たこやきねこ

ネットのHPには、小児扱いあり!と書いていても、
予防には消極的で、治療のみのところがあります。

こればっかりは、
直接、歯科に電話するか、
まわりのママや児童館にいる人に聞いたりして
情報を集めるしかないです。

その後、1歳になった頃
ふと思い出して、
自宅から少し遠い場所にある小児歯科に電話すると、
ぜひ来てください、生後8か月の赤ちゃんも来ています、と言われました。
(そもそも歯科衛生士による講話をしてくれた人が、この小児歯科の人でした。)

早速行ってみると、そこは小児の予防歯科に積極的に取り組んでいる歯科で、
診察室に入る前に、歯磨きイベントがあったり、
フロア全体が子供が遊べる作りになっていたり、
歯医者とは思えない、アミューズメントパークのような場所でした。

たこやきねこ

歯科衛生士の人たちも保育士のように、
小さい子に口を大きく開けさせたり、少し痛いのを我慢させたりするのが上手です。

これ以降、2歳2か月になる今まで、
1~2か月スパンで通っています。
(歯がすべて生えそろうと、1か月スパンになるそうです。)

通う目的は、この通りです。

  • 定期健診
  • 普段の磨き残し箇所の指摘や、その結果歯石になってしまった部分を除去してもらう
  • 歯科でしか塗ってもらえない高濃度のフッ素を塗ってもらう

普段は、私が子どもの歯を磨いているのですが、
大きく口をあけてくれるわけでもなく、
(言葉が通じないのと、気分がのらないのと…)

ちゃんと磨けていないだろうな…という不安があります。

特に、2歳になった今は、
自分でやりたがって歯ブラシをつかんだり、
毛先を噛んで離さなかったりして、
歯磨き自体がけっこう疲れるイベントになっていたり、
まともに磨けているのか不安です。

たこやきねこ

人の一生の虫歯菌の数が決まるのは2歳前後
3歳になるまで、いかに虫歯菌を増やさないようにするかが肝心です。
ここで虫歯菌の数を抑えると、その後虫歯になりにくいです。

砂糖の入ったものを与えないようにしましょう。

と、家の近くの普通の歯科で言われました。

砂糖の入った食べ物を与えないのは、完全には無理ですね…

自宅では極力がんばりますが、

1歳から保育園に通っているため、
野菜ジュースやクッキーなど、
おやつに砂糖の入ったものを食べています。

また、昼の給食後に歯磨きはしないです。

私だけでは、子どもの歯を100%ケアすることはできないので、
定期的に歯科に通うことで、不安を解消しています。

たこやきねこ

小児歯科では、歯だけでなく、あごの形やかみ合わせなど、
口腔内全般についてもケアしてくれます。

指すいをやめさせるタイミングや歯磨きのやり方など
ちょっとした疑問も相談しやすいです。

料金は、子ども医療制度に助けられているので、
大人のような出費にはならないです。
(毎月500円程度)

まとめ

  • 上の前歯2本が生えたら歯ブラシを使う
  • 上の前歯2本、下の前歯2本が生えたら、歯磨き粉を使う
  • 奥歯が生えたら歯医者でフッ素を塗る
  • 磨き残しが不安なら、小児歯科で定期健診がオススメ

参考になればうれしいです☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA