新生児

【新生児】産院で習った沐浴の手順

出産入院中、産院で1回だけ沐浴の手順を習ったあと、
赤ちゃんをお風呂に入れるイメージトレーニングを何度もしました 笑

どうやって持てばいいのかよくわからないし、
水で手がすべるのでは、と心配でしたが、退院後3日くらいやれば要領よくできるようになりました。

産院で習った手順をご紹介します。

湯温

  • 夏場39度
  • 冬場40度

袖をまくって、肘で測る、だいたいの感覚でよいです。

沐浴後の準備

上から順に、この順で敷いておく

バスタオル
おむつ(広げた状態で)
肌着

沐浴の流れ

※右利きの場合

  • 赤ちゃんのお腹にガーゼ(大)をかぶせる
  • 左手で頭を持つ、そのまま赤ちゃんの耳をふさげるならふさぐ
  • 股の間(足のつけね)に右手を入れて、赤ちゃんを持ち上げる
  • そのままお尻、足から順に湯船(ベビーバス)に浸ける
  • ガーゼ(小)と手じゃく(手桶ておけ)を別に用意しておいて、手じゃくに湯を入れておく
  • ガーゼを、手じゃくの湯で濡らして、顔全体を1パーツずつふく、目のまわり、目の下、顔全体…
  • 次に、泡を手に持って頭全体にのばす
  • 湯で濡らしたガーゼをしぼりながら、泡を流しとる
  • ガーゼを固く絞って、頭をふく
  • 泡を手に持って、腕、手につけてすぐ浸かってる湯で流す
  • 手はくわえようとするから、泡を早く流す
  • 泡を手に持って、足につけて洗う
  • 泡を湯で流す
  • 泡を手に持って、股にあてて、ひだの間や裏をくまなくあらう
  • 手じゃくで全体の泡を流す
  • 赤ちゃんの背中を洗うため、右腕全体に赤ちゃんををうつ伏せに乗せる
  • 背中に泡をつけてさっと洗い流す
  • 表に向ける
  • 最後に手じゃくの湯でかけ湯
  • 赤ちゃんを持ち上げ、振らずにそのまま
  • バスタオルに乗せる
  • くるんでさっとふく
  • 頭をもって
  • バスタオルをさっと引いて取って、オムツをつける

沐浴後のケア

  • 消毒液綿棒で、へそのジクジクをとる
  • へその緒がとれてもジクジクがなくなってなければ、乾くまでやる
  • 消毒液はエタノール(家庭にあるようなやつ)でよい
  • 肌着を着せる
  • 大人用綿棒で耳掃除(奥まで入れない、見えているところだけ)
  • 綿棒で鼻も掃除(きゅっと入れる程度、見えているところだけ)
たこやきねこ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA